置き換えダイエットでリバウンドしないための対策

置き換えダイエット
さまざまなダイエット手法の中でも食事の一部を低カロリー食と置き換えるダイエットは、短期間で効果が出やすいため人気の高い方法です。

一方で置き換えダイエットにはやめた後でかえって太りやすくなるような面もあるため、実践するにはリバウンド対策が欠かせません。

置き換えダイエットに利用されるダイエット食品には、スムージーや酵素ドリンク・フルーツ青汁・プロテインなどさまざまな製品があります。

いずれも摂取カロリーが消費カロリーを下回るように食事の一部を置き換え、痩せることを目指すコンセプトの食品です。

置き換えダイエットがうまくいって摂取カロリーが減ると、エネルギーの少ない状態に適応しようとする作用が働いてエネルギー消費量が減るように身体が変化していきます。

置き換えダイエットを始めた当初は身体がまだ適応していないため、消費カロリーが摂取カロリーを上回って順調に体重が減っていくのです。

これで満足してダイエットをやめてしまうと、エネルギー消費量が低下した状態のまま普通の食事に戻ることになります。そうなると同じ摂取カロリー量でもエネルギーが余って以前より太りやすくなり、結果的に体重増のリバンドを招いてしまうという仕組みです。

置き換えダイエットに取り組むならある程度の長期戦を覚悟の上で、粘り強く低カロリー食との置き換えを続ける必要があります。

ダイエット食との置き換えは多くても1日2食までにとどめ、必要以上に摂取カロリーを低くし過ぎないようにするのも効果的なリバウンド対策の1つです。