WIMAXを屋内で使ってつながらないときの対処法

WIMAX 屋内
WIMAXは内蔵型の回線ですので、周囲の影響を受けやすいといえます。

たくさんのものに囲まれている部屋では、物が回線を邪魔をしてうまくつながりにくい時があります。
そんなときはWIMAXを窓際まで持っていき、他に邪魔者がない状態になるとつながりやすくなります。
一度強い電波を拾うと回線が安定して、うまく行けば部屋の前の場所でつながることもありますし、もし無理でも移動先でネットをすればよいです。

WIMAXは小さな機械ですので、持ち運びは簡単で、調子が悪ければつながりやすい場所に移動することですぐにネットにつながるようになることがメリットです。

部屋を変える

マンションやビルの一室など複数の回線がつながっていると、混合してしまって回線がつながらないことがあります。

他の部屋や会社の回線が強く出てしまって、自分の回線がうまくつながらないのです。そんなときは、思い切って部屋を移動してつながりやすい場所を探した方が良いです。

WIMAXは回線の接続などの面倒な処理が必要なく、機械を持ち運ぶことで改めて接続することができます。機械をすぐに持ち歩いて、場所を変えやすいことがメリットとなります。

機械を再起動させる

WIMAXやつないでいるパソコンやスマホは、繊細な機械となります。何の前触れもなくいきなり止まることや、エラーが起こることがたまにあります。

作業途中なので嫌な時がありますが、間に合えば今ある状況を保存しておきます。一度電源を落とすか、画面が固まって動かない場合は強制終了してもよいです。

再起動すると、WIMAXもパソコンやスマホも調子がよくなって動くときがあります。一時的に内部で情報が処理できなくなってパンク状態になっていることも多いので、一度リセットすることでそれらのことが解消されて、再起動すると治ることがあるのです。

パニックになる前に、一度電源を落としてリセットすることはおすすめです。

【関連サイト】http://www.auroramixer.com/