安くても6年持ちます!低価格帯ランドセルの製造ブランド紹介

低価格帯ランドセル
ランドセルは小学校へ進学するにあたり大きな出費となるものです。そんなランドセルを少しでも安くしたいと思ったら、候補は4万円以下のランドセルです。

ここまで安いと品質に問題があるのでは、と気になる方も少なくないのではないでしょうか。しかし、このクラスでも実は6年間十分持つだけの性能を兼ね備えています。

今回この低価格帯のランドセルのメーカーについてお話ししていきます。これを読み終わることにはきっと低価格帯でも十分と考えられるようになるのではないでしょうか。

低価格帯のランドセルと言うとノーブランドの怪しいメーカーと言う印象を持っている方もいますが、実際はきちんとした国内メーカーが製造、販売しています。

具体的なメーカーを紹介すると、ハシモト澤田屋ランドセル、Baggage、そして大手スーパーのイオンなどを挙げることが可能です。これらはミドルクラスのランドセルや高級ランドセルの製造も手掛けるきちんとしたメーカーです。

澤田屋ランドセルは神奈川県のランドセル専業メーカーです。専業メーカーとしてランドセルのノウハウは十分あり、低価格帯であっても品質の高いランドセルを手掛けています。また実績も高く、きちんと小学校の6年間に十分耐えられるランドセルを製造しています。

ハシモトBaggageはフィットちゃんランドセルと言うブランドで高価格帯からこのようなクラスの価格帯まで幅広く製造を行っている富山県に本社を持つ企業です。

国内メーカーとしてランドセル以外にも様々な皮革製品を手掛けているメーカーでそれらのノウハウも生かされた高品質なランドセルを製造します。

最後がイオンです。大手スーパーで何となく価格が先行しがちですが、実は販売実績のあるブランドとしても認知されています。

数十年前から販売を行っており、ノウハウを蓄積、大量生産、大量販売によって価格を抑えつつ品質を保っていることから決して安かろう悪かろうではありません。

このように怪しいメーカーは基本的にないのです。